古本の寄付の集荷

古本の寄付の集荷

古本の寄付の時の集荷は、自分が持っていくというようなものではなく、大抵が運送業者が代行をしてくれるようになっています。大体、受付時間というものが決まっていて、そして集荷の連絡を電話からもする事ができますし、インターネットからもする事ができたりします。
寄付の冊数は、何冊からと決まっていて、大体が5冊程度からであるようです。

そして査定金額と言うものが計算される事になります。査定された金額の額面がどれくらい、子供たちのために使われるのか、その計算も算出される事になっています。
買取をする事ができなかった商品もあるかもしれませんが、こうしたものも、福祉施設やフリースクール、古紙リサイクル業者などに引き渡され、無駄もありません。
急ぎの処分をしたい人でも嬉しいサービスと言えるでしょう。