古本の寄付

本

1,000冊からできる寄付活動

日本国内に対しての古本の寄付でできる事は、それぞれの冊数で大体決まっているそうです。買取価格がまず1冊50円ほどと考えますと、様々なものがあるでしょう。
まず1,000冊からできる事は、1回に3人までの10代の子供達に、高卒認定資格のための学習指導を無料で行う事ができたり、就労のためのパソコン講師を50時間従事させることができるようになっています。
その他、低収入が故にメンタル面も弱くなって、カウンセリングも受けられないという10代の子供に、カウンセリングを1人10回受けさせることができる相談料を確保できるのだそうです。

20,000冊からできる事は、生きづらさを感じている青少年や家族、支援者などの出会いの場である、一般公開イベントを3回開催する事ができます。

寄付ができるもの

親元で暮らすことができない子供達向けのプロジェクトでは、このように売られてきた本を、そうした子供達に向けて、学習の機会、就労や、起業といったもののスキルの為に使う、活動の経費としてくれるのです。
もちろん、寄付する側にも多くのメリットがあり、本をゴミにしてしまう事も無く、次の読者に大切な自分の財産を伝えられると言う、エコ活動になってくれるでしょう。

また法人で寄付を行えば、部署ごと、有志の仲間とも集荷する事ができますから、経営陣の判断を待たずして社会貢献ができます。
商店界や中小企業からなどでも、まとめて寄付をする事ができますので、その規模もとても大きなものにする事ができるのですね。
何より、いらない本を捨てないで済むという点が、この活動の大きなメリットです。

古本の寄付の集荷

古本の寄付の時の集荷は、自分が持っていくというようなものではなく、大抵が運送業者が代行をしてくれるようになっています。大体、受付時間というものが決まっていて、そして集荷の連絡を電話からもする事ができますし、インターネットからもする事ができたりします。
寄付の冊数は、何冊からと決まっていて、大体が5冊程度からであるようです。

そして査定金額と言うものが計算される事になります。査定された金額の額面がどれくらい、子供たちのために使われるのか、その計算も算出される事になっています。
買取をする事ができなかった商品もあるかもしれませんが、こうしたものも、福祉施設やフリースクール、古紙リサイクル業者などに引き渡され、無駄もありません。
急ぎの処分をしたい人でも嬉しいサービスと言えるでしょう。

注目の記事一覧

リンク3
結婚相談所にて上手な婚活方法 初婚・再婚から国際結婚まで元結婚相談所の所長が結...

リンク4
アドビイラストレーターベジェ曲線講座・どどファクトリー ベジェ曲線のしくみや上...

リンク5
エネオスカード エネオスカードのお得なガイド Webサイト制作・ホームページ制...